スタッフブログ

低炭素住宅講習会に行ってきました。

本日午後から、断熱材メーカー主催の低炭素住宅に関する講習会に参加してきました。

今後のニーズに応えるためにも情報を必要としておりましたので参考になりました。

低炭素住宅とは、

①H24年省エネ基準同等の断熱性能を確保する

②H24年省エネ基準比、一次エネルギー消費量10%以上▲

③低炭素化に資する措置をする→8項目から2項目選択

1:節水に資する機器を設置している

2:雨水、井水又は雑排水利用

3:HEMS又はBEMSを設置

4:定置型の蓄電池の設置

5:一定のヒートアイランド対策を講じている

6:住宅の劣化の軽減に資する措置を講じている

7:木造住宅若しくは木造建築物である

8:高炉セメント等を使用している

の内容で基準を満たせば、認定を受けられます。認定を受けた住宅であれば、

フラット35Sの金利引き下げや住宅ローン減税控除枠拡大等メリットも多いようです。scissors