スタッフブログ

木のメンテナンスを怠りません

木材の扱いはプロと自負している会長。

今日は、割れた部分にボンドを塗っていました。

木材を自然乾燥させていく過程で、割れが生じることはしばしば。視覚的に見苦しいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし木は「生きもの」と同じようなものだと考えています。
木材は製材をしてからも、割れたり、反ったりなど動きを続けます。これは昔から材木に携わる会長からすれば当然のことです。

大なり小なりあっても、木の性質と言う事で、逆にそれらをうまく使い、役立てていく。

まさに木のプロフェッショナル✨